戦略を具現化する
事業や仕組みを生み出す

事業企画

静岡県東部地域をより魅力と活力ある地域にするための、様々なプロジェクトを推進しているのが事業企画チームです。建築部、営業部、施設運営事業部などから部門横断的にメンバーを集め、意見やアイデアを出し合いながら、新施設のコンセプトや店名、メニューなどを企画し、市場調査を経て実行に落とし込んでいきます。我々自身がしっかりと学び、一流と呼ばれる人たちと繋がり、教えを受けながら、地域との繋がりを大切に、スピード感を持って、我々自身がワクワクできる事業を生み出し、地域を元気にしていきます。

計画中プロジェクト

■Mt.Fuji Brewing
「富士山麓にビール湧く!富士宮の魅力を詰め込んだブルワリーレストラン」

2019年3月、富士山本宮浅間大社のすぐ東側に、クラフトビール工場が併設されたブルワリーレストランがオープンします。富士宮市でプロポーザルを実施した結果、弊社の提案が最優秀賞に選ばれ、2017年4月から事業がスタートしました。
富士山の湧水を使って、元ソムリエのブルワーがビールの醸造を行い、「窯焼き」というこだわりの調理法で、富士宮の豊富な食材を提供します。施設内にはショップコーナーを設置し、富士山にちなんだ商品や地元のこだわりの商品を取り扱います。さらにこの施設を訪れた人が市街地を回遊するよう、地域の魅力を発信するフリーペーパーを発行し、レンタルサイクルも導入予定です。地元の方々とイベント等で連携し、賑わいを創出し人の回遊を生み出しながら、新たな「富士宮のファン」を創り出していきます。

SUPPOSE DESIGN OFFICEによる設計

浅間大社に敬意をはらい、屋根は神社の紙垂(しで)をイメージしています。

https://www.suppose.jp/

 

■富士宮・掬水プロジェクト
「世界遺産に泊まり富士山を丸ごと味わうゲストハウス(宿泊施設)」

世界遺産・富士山の構成遺産である、本宮浅間大社と涌玉池に隣接する特別な場所に立つ、休業中の旅館を再生させ、宿泊施設とカフェラウンジを整備します。既存の建物のリノベーションにより、風格を活かした設えを基調としながら、新たに改修する部分を組み合わせることで、新築の建物では出せない質感を生み出します。
宿泊する旅行者同士はもちろん、地域の方や宿泊者以外の旅行者も、交流できる仕組みとして、Mt.Fuji Brewingのビールをゆったり味わえる広いラウンジ、涌玉池を見渡せるテラスを使ったイベント等を検討しており、利用者が交流できる仕組みを数多く用意します。建築期間中においては、使わない旅館備品や解体した建築資材等の交換イベント、DIYワークショップ、クラウドファンディングの取組み等、地域に溶け込み、更には“よそ者”も関わることができる仕組みを次々と導入していきます。

ゲストハウス内ラウンジの特等席

とても優雅なひとときを過ごすことができます。

 

■スポーツサイクル事業
「伊豆をE-BIKE(イーバイク)の聖地にする、新たな取り組み」

起伏の多い伊豆で、誰でも気軽に自転車の楽しみを味わってもらいたい。そんな思いで、E-BIKE (高性能電動アシスト付自転車)のレンタル事業、体験試乗会の開催を始めました。2018年5月には、E-BIKEの充電ができるステーションを伊豆の各地に設け、長距離走行を可能にする「伊豆E-BIKE充電ネットワーク」を立ち上げたことで、E-BIKEの更なる普及と利便性の向上を目指して行きます。
現在は西伊豆を中心とした10か所のステーションを各地の観光、交通、宿泊事業者の皆さまと連携して運営しており、今後さらにステーションを増やすことで、利便性を高めてまいります。また、多くの方が自転車の魅力を感じることのできるE-BIKEを中心としたイベントの開催も計画しています。住んでいる方も、観光でお越しの方も、気持ち良く走ることができ、自転車が生活の一部となることで、車と自転車が共存できる地域の実現を目指した取り組みです。

第一回伊豆E-BIKEフェスティバル

2018年5月に日本初のE-BIKEに特化した自転車イベントを開催しました。

 

■桃沢野外活動センター
「そこで過ごす時間や空間そのものに魅力を感じるアウトドア施設」

現在、指定管理者として運営をしているアウトドア複合施設「桃沢野外活動センター、キャンプ場、工芸村、グラウンド」ですが、来年、再来年度にかけて大規模改修の計画があります。豊かな自然の邪魔をすることなく、訪れる人が、落ち着いて過ごせる雰囲気とワクワク感の両方を体験できる施設にすることを目指して、改修・新築の案を策定しています。軸になるのは、時を重ねてもその魅力が深みを増し、親しみ続けられるというテーマ。「過去」「現在」「豊かな自然環境」の融合により生みだされる不思議な雰囲気を纏う場所で、仲間や家族と記憶に残る時間を過ごすことができる施設。そのような理想を実現するために、多くの方々のアイデアや協力を得ながら、プロジェクトは進んでいます。改修後は、工芸村にカフェスペースができ、日帰りバーベキュー場の収容数が増えたり、団体以外にもファミリーでご利用いただける施設を新設予定ですので、これまで以上に多くの方々に利用していただける施設に生まれ変わる予定です。

大規模改修により、利用人数が増え、より便利に、ハイスペックに。

設計は光嶋裕介建築設計事務所が手掛けます。

http://www.ykas.jp/

 

■みしま未来研究所
「旧幼稚園リノベーション、地域の未来をつくる人を育てる施設へ」

「三島市中央町周辺にぎわい創出事業」のプロポーザルにおいて、NPO法人みしまびとと共同提案を行い、最優秀提案事業として2017年に採択されたプロジェクト。旧三島市立中央幼稚園のリノベーションを行い、「地域の未来をつくる人を育てる場」を実現します。
施設が持つ機能は、多岐にわたります。この地域の未来を担う高校生向け・起業家育成講座の展開や、この地域で働く人や活動する人が拠点とできるコワーキングスペース・多目的スペースの提供など、地域の未来につながるアクションを応援することが軸となっています。そして、三島に住む方はもちろんのこと、三島をフィールドに活動したい方にもご利用いただける場所になる予定です。
2018年5月現在、施設改修や施設オープン後に向けた定期的なワークショップを重ね、さらに地域の方を巻き込んで施設改修の一部を担うDIYイベント開催といった試みも計画しています。

みしま未来研究所 完成イメージ模型

設計は成瀬・猪熊建築設計事務所が手掛けます。

http://www.narukuma.com/

 

[モノづくり]
土木 | 建築 | 営業 | 安全管理
[コトづくり]
事業企画 | ITI | 不動産X事業 | 海外事業
[まちづくり]
不動産 | 施設運営事業
[会社づくり]
コーポレートデザイン | デザイン