ニュース

富士山麓にビールが湧く!?「地ビールが飲めるBBQレストラン」、富士山世界遺産登録4周年記念祭で全貌が明らかに!

平成29年6月18日(日)に富士宮市の富士山本宮浅間大社境内地内にて開催された
「富士山世界遺産登録4周年記念祭」において、浅間大社の東側に建設
(設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd、施工・運営:弊社)を予定している
「地ビールが飲めるBBQレストラン(延床面積423㎡、平成31年3月オープン予定)」の
完成イメージが発表されました。

 
当施設は
「世界遺産・富士山本宮浅間大社」「富士の湧水」「地元食材」「地元の賑わい」の4つを
結びつけることをテーマにした施設で、
神社のしめ縄についている雷のような形の白い紙「紙垂(しで)」の形を
モチーフにした大屋根や、深い軒越しに浅間大社を望む、建物内外に広がる縁側が特徴。

 
邪悪なものから人々を守り、豊作をもたらす「紙垂(しで)」のイメージと、
富士の裾野の延長のように低く分節された屋根のフォルムは、
周囲になじむように設計されています。

 
オープン後は、同施設内で醸造するできたての地ビールや、
地元食材を使ったビールと相性のいいバーベキュー料理が食べられる「ブルワリーレストラン」として、
地元の人々や観光客で賑わう地元食材の発信拠点を担う、
地域活性化のシンボルになることを目指します。

富士宮11富士宮22

三島市優良工事表彰を受けました

2017年6月9日(金)に、平成29年度三島市優良工事表彰式が行われ、
加和太建設が受注した「三島処理区下水道管路改築工事(第52工区)」が
優良工事として表彰されました。
併せて、同工事に従事した技術者(土木部 天野謙一郎)に感謝状が贈られました。
加和太建設様③
三島市優良工事表彰は、建設工事の品質の向上と、
適正な施工の推進への貢献が認められ授与されるものです。
今回は、平成28年度に実施した完成検査97件の中から、
特に優れた工事の受注者9社と、同工事に従事した技術者10人が
表彰されました。
記念写真②

函南が、ギュッ。
道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」OPEN!

2017年5月1日(月)

静岡県函南町塚原に、

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」がオープンしました!

 

unspecified

 

地元函南町と伊豆半島全体の魅力を集約・発信し、

当該エリアの活性を目指す施設です。

20170430460

PFI※が取り入れられた日本で初めての道の駅でもあります。

(※公共サービスを民間が主導することで、

効果的かつ効率的な提供をはかる考え方)

 

 

グランドオープンのこの日は、

午前中のオープニングセレモニーから

午後の一般公開まで、1日を通し、

約8000人の皆さまにご来場いただくことができました。

 

 

風が吹き抜ける「自由通路」

青空が広がる「イベント広場」

名産品が勢揃い「物産販売所」

などなど…

駅内のさまざまなスポットで、

自適にのびのびと、お過ごしいただけたご様子です。

20170501460-114

20170501460-92

 

 

明日から始まる大型連休では、

イベントの開催が盛りだくさんに予定されており、

大変な賑いを見ることができるのではないでしょうか。

オプにんぐ表

o-puninngu

地元のお客さまを始め

多くの皆さまにお会いできることを思うと、

胸の高鳴り、そして強い意気込みを感じます。

 

 

「伊豆ゲートウェイ函南」は、

年間約4,000万人を惹きつける伊豆の「玄関口」に位置します。

地域活性はもちろんのこと、

より充実したご旅行・おでかけのお手伝いができる施設として、

情報発信と運営に努めて参ります。

 

 

今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

IMG_4201

 


HP

http://www.izugateway.com/

FB

https://www.facebook.com/izugateway/

address

 

 

 

 

 

「地ビールが飲めるBBQレストラン」で街ににぎわいを

富士宮市の浅間大社は、世界遺産に登録された富士山の構成資産です。
今後、国内外から多数の来訪者が見込まれますが、
浅間大社の東側に位置する市有地は、イベントなどの一過性の用途でしか
利用されていませんでした。

 
そこで富士宮市はこの土地に、新たなにぎわいと交流が期待できる
飲食を中心とした施設を整備して、世界遺産のお膝元にふさわしい場をつくろうと
計画しました。

 
施設の建設と運営は、
複数の事業者からデザインや企画を募る「プロポーザル方式」で、
最優秀提案者に選ばれた加和太建設が請け負うことになりました。

 
「世界遺産富士山本宮浅間大社」「富士山の湧水」「地元食材」
そして「地元のにぎわい」の4つをつなぐものとして
「地ビールが飲めるBBQレストラン」をメインコンテンツにしています。
オリジナルの地ビールの製造も、同施設で行います。
2018年度内の完成を予定しています。

土木・建築業は地域の守り手

土木・建築業は、道路や上下水道、教育・医療施設などのインフラを整備し、
維持管理する、私たちの暮らしに欠かせない産業です。
また、災害時にはそれらを迅速に復旧させ、地域の安全・安心を守ることも
重要な役割のひとつです。

 
加和太建設は、災害発生時にも事業を継続できる体制が整っており、
静岡県の災害時事業継続計画適合業者として認定されています。
当社の社員安否確認系統は、復旧の初動対応に大いに役立ちます。
災害対策本部を設置し、現場の指揮を取るマニュアルを策定しています。
平時から訓練を繰り返して、社員のスキル向上を目指し、
事前準備の抜けもれを確認しています。
防災備蓄品を完備し、定期的に点検を行っています。
DSCN0378
DSC02181

事業継続計画は、英語の「Business continuity plan」を略して
「BCP」と呼ばれています。
BCPを策定しているのは、東海4県に本社を置く企業のうち、
16.2%にとどまるそうです(帝国データバンク名古屋支店調査による)。

 
BCP策定は、静岡県の交通基盤部総合評価落札方式で評価・加点される他、
静岡県建設業協会が研修会を開催するなど、
土木・建築業が大規模災害時に地域の守り手として活躍するために、
非常に重要視されています。

ホテル昭明館グランドオープン

加和太建設が設計・施工した「ホテル昭明館」が、
2017年3月23日(木)にグランドオープンしました。
IMG_2949
当日は、ホテル昭明館社長や三島市長、三島市観光協会会長、三島信用金庫常務理事、
加和太建設社長によるテープカットに引き続き、
式典参加者とメディア向けの特別内覧会、
朝食ビュッフェの試食会を兼ねたレセプションパーティーが開催されました。
テープカット4
IMG_2922
IMG_2898
コンセプトは「三島愛」。
正面玄関の看板やルームプレート、浴衣の柄は全て「三嶋柄」で統一され、
ベッドスローには浮世絵で三島宿を描いた「三島朝霧」の刺繍が施されています。
朝食ビュッフェには、地産のブランド食材をふんだんに使うなど、
宿泊された方が三島を好きになっていただける工夫が満載です。
IMG_0325
加和太建設もホテル昭明館も、活気に満ち魅力あふれるまちづくりに力を入れています。
このホテルは、三島や地域を良くするために何ができるか検討を重ね、
両者がタイアップして、想いを形にしたものです。

思い出にのこる 上棟式
?恵明コスモス保育園 新築工事?

 

上棟式

工事関係者への感謝と建物の安全を祈って行われる、伝統的祭事のひとつ。

 

加和太建設が提供するのは、”思い出にのこる 上棟式”

街を創り 街を活かす 建設会社が贈る、工事現場での特別な1日です。

 

 

1月28日(土) 恵明コスモス保育園

保育園リサイズ1

 

お友だちの誕生日会を園全体で行うほど、日頃から仲の良い園児たち。

手をつないだり、スキップしたりしながら、イベント会場へ元気に入ってきました。

リサイズ3トリミング

保護者を含むおよそ200人の笑顔と声が、朗らかな空に弾けます。

 

 

園長が、優しい声と笑顔であいさつをしてくださると、

真剣に耳を傾ける園児たちの後方に、135個のカラフルな風船が登場。

RIMG0503

いよいよ、イベントのはじまりです!

 

 

 

バルーンリリース

リサイズ1

お餅まき

餅リサイズ1

床にお絵かき

絵リサイズ1

重機にのって記念写真

重機リサイズ2

 

高所作業車にのってみよう

高所?リサイズ1 高所?リサイズ1

など、普段はできない体験が盛りだくさん。

 

三島市長 豊岡 武士 様

三島市市議会議員 伊丹 雅治 様 の

ご来場もあり、大盛況な1日でした。

 

園長からは、

『みんな、とても楽しんでいました。

上棟式は、大人の私も経験したことがない行事でしたから、

園児たちにとっても、すごく貴重な経験になったと思います。』

 

『工事中だからできないではなく、工事中だからできること。

普段はできない体験をさせてあげることができて、本当によかったです。』

 

と、嬉しいご感想をいただくことができました。

 

 

イベントを担当したメンバーは、

 

『雨が心配されましたが、快晴に恵まれてよかったです。

今回の企画では、イベントの存在を

既に知ってもらえていたということが、特に印象的でした。

各所での活動が少しずつ広まっていくのかと思うと、ドキドキ・ワクワクします。

それから!イベントの最後にいただいた、園児の手作りたくあん。

これも、大変印象的で嬉しい出来事でした。

メンバー全員で、おいしくいただきました!』

 

と、達成感と期待に満ちた表情で、イベント当日を振り返りました。

今後のイベントも、楽しみですね!

 

 

【繋がる全ての人たちに 喜びと感動を】

私たちは建設工事における節目の日を、

”思い出にのこる 特別な1日”として、今後も提供して参ります。

 

皆さまの笑顔にお会いする日が、今からとても楽しみです!

 

〆リサイズ1

土木現場レポート
国道138号BP仁杉地区北下部工事

加和太建設では、現場の視察が隔月行われています。
今回は広報室メンバーも同行し、現在進行中の現場を見学してきました。

 
見学した現場のひとつは「国道138号バイパス仁杉地区北下部工事」です。
国道138号の小山町?御殿場間に、バイパスを作る工事です。
加和太が施工しているのは、御殿場バイパス(西区間)仁杉JCT(仮称)付近の
高架橋の脚の部分です。
1
見学当日は、橋脚に生コンクリートを打設する作業と、
橋台の足場を組む作業を行っていました。
2
橋脚にはこの日1日で、約300m?ものコンクリートを打設しました。
大型のミキサー車でも、1台で4m?程度しか運ぶことができないため、
絶え間なくミキサー車が出入りしていました。
4
コンクリートは、練ってから数時間すると固まってしまいます。
そのため、練り上げから90分で打設を完了するそうです。
3%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88
足場は、専門の技術者が組み立てます。
鉄筋、型枠、生コン、大工、それぞれの分野の専門家が結集して、工事を行っています。
加和太建設は、現場の総監督の役割を担っています。
5
138号バイパスは、東富士五湖道路を経由して、中央道と新東名を繋ぎます。
首都圏と東海圏を結ぶ、広域ネットワークの形成に寄与します。
また、現道の交通渋滞を緩和し、事故の削減にも役立ちます。

 
土木事業は、私たちの暮らしを支え、守ってくれています。

「ひみつの工事中大冒険」 開催!
?なかいず認定こども園?

ひみつの工事中大冒険

施工中の園を

乗って走って描いて楽しめる、貴重な体験満載の施工中イベント。

?

子どもたちへ、新たな園生活のわくわくを。

保護者の皆さんには、通わせる安心感を与えたい。

?

そんな想いから企画されました。

?

建てるだけでは終わらせない。

建設会社ならではの体験を、園児・保護者・先生の皆さんにお贈りします。

 

 

 

 

img_1295

 

11月18日(土) なかいず認定こども園

橘保育園とさくらこども園が一体となり、

新たに誕生することとなった「なかいず認定こども園」。

その建設現場が、今回の冒険の舞台です。

 

6つのアトラクションが、子どもたちの笑顔を待ちわびます。

この日は、在園児・入園予定児合わせて118名が、遊びに来てくれました。

 

 

保護者の皆さんと一緒に。大冒険へ、出発です!

img_1288

 

 

 

床にお絵かき

img_1341

コンクリートの床に、描きたいものを好きなだけ。

施工中だからできる、ならではの体験です。

 

 

電車ごっこ

img_1419

社員の手作り電車に乗って、元気いっぱい走ります。 線路は、塗装職人が描いたもの。

 

 

わなげ

img_1325

 

シューティングゲーム

img_1335

 

小さなお子さんも、真剣な眼差しで挑戦。

ヘルメット・コーン・金づち・軍手など、

工事で使う道具や、そのイラストが描かれた的を狙います。

 

重機デモンストレーション

img_1367

重機が動く様子を、間近で見学!実演後には、操縦席にのりこんで記念撮影も。

img_1355

 

 

つみきに色をつけよう

img_1399

白いつみきを自由にペイント。

カラフルに仕上がったつみきは、園のおもちゃへ仲間入りです。

img_1308

 

 

 

子どもたちが主役の大冒険ですが、

図面の設置や工事工程を掲示したことによって、

 

これから通わせる園の環境が知りたい。

どの様な建物になるのか、途中経過が気になる。

 

という保護者の皆さまにも、喜んでいただくことが出来ました。

 

4月の開園を前に、

素敵な思い出をつくっていただけたのではないかと、感じております。

 

 

イベントの企画メンバーは、

「今回お手伝いしてくれた皆さんにアンケートをとり、

各コーナーの改善点を明確にしようと思っています。

より良いイベントにしていきたいです。」

 

 

と、すでに次回への意気込みを見せていました。

 

 

「ひみつの工事中大冒険」は、まだまだ続きます。

 

園児・保護者・先生皆さんの喜びと感動のため、

メンバー一同努力と工夫を重ねて参りますので、

ご理解・ご協力賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

第60回 神奈川建築コンクール
入賞!

 

第60回 神奈川建築コンクール において、

当社の施工物件が「アピール賞」を受賞しました!

cimg3057

 

 

神奈川建築コンクールとは

神奈川県と12市が共同して開催するコンクール。

神奈川の建築文化・建築技術の向上と魅力ある街づくりの推進を目的としています。

 

アピール賞とは

既存建築物の有効活用・環境・景観・福祉・防災

いずれかに対する配慮が優れていると認められた建物に与えられる賞。

 

 

 

加和太建設が施工した「クズミ電子工業 藤沢新工房」。

kuzumi-gaisou

”既存建築物の有効活用”が優れていると認められ、「アピール賞」受賞となりました。

 

 

使用されなくなった工場の

壁・屋根・広大なスペースを活用し、事務所や作業場などの空間を創出。

kuzumi-naisou

既存建築物のなかに別の構造物を構築するという

独創的かつ画期的なアイディアが高評価の大きな要因でした。

 

 

 

設計にご尽力いただいた

株式会社 安井雅裕建築研究所 様 をはじめ

お施主さまのクズミ電子工業様

構造設計ご担当のアラップ様 ほか

ご関係者の皆さまには、厚く御礼申しあげます。

 

誠に、ありがとうございました。

 

 

私たち加和太建設は

【喜びと感動を提供しつづける会社】として、

新たなことへのチャレンジと成長を、日々努めて参ります。

 

 

ご理解・ご協力賜れますよう、

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

〔第60回 神奈川建築コンクール 表彰式〕

unnamed

 

2015年度 採用情報
kawata Library ムービーで見る加和太建設
ピタットハウス 三島店 沼津店 御殿場店
伊豆新聞