ニュース

土木現場レポート
国道138号BP仁杉地区北下部工事

加和太建設では、現場の視察が隔月行われています。
今回は広報室メンバーも同行し、現在進行中の現場を見学してきました。

 
見学した現場のひとつは「国道138号バイパス仁杉地区北下部工事」です。
国道138号の小山町-御殿場間に、バイパスを作る工事です。
加和太が施工しているのは、御殿場バイパス(西区間)仁杉JCT(仮称)付近の
高架橋の脚の部分です。
1
見学当日は、橋脚に生コンクリートを打設する作業と、
橋台の足場を組む作業を行っていました。
2
橋脚にはこの日1日で、約300m³ものコンクリートを打設しました。
大型のミキサー車でも、1台で4m³程度しか運ぶことができないため、
絶え間なくミキサー車が出入りしていました。
4
コンクリートは、練ってから数時間すると固まってしまいます。
そのため、練り上げから90分で打設を完了するそうです。
3%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88
足場は、専門の技術者が組み立てます。
鉄筋、型枠、生コン、大工、それぞれの分野の専門家が結集して、工事を行っています。
加和太建設は、現場の総監督の役割を担っています。
5
138号バイパスは、東富士五湖道路を経由して、中央道と新東名を繋ぎます。
首都圏と東海圏を結ぶ、広域ネットワークの形成に寄与します。
また、現道の交通渋滞を緩和し、事故の削減にも役立ちます。

 
土木事業は、私たちの暮らしを支え、守ってくれています。

2015年度 採用情報
kawata Library ムービーで見る加和太建設
ピタットハウス 三島店 沼津店 御殿場店
伊豆新聞